(有)サヨサヨ水産、革工房部

釣りとレザークラフト・・・ 全く脈絡の無い趣味を複合した、変なブログです・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春…なのか?

生活排水の流れる水路と並行して走る、それ程車の通りが多くない狭い道路。

会社から資材置き場に向かうのに近道で、良く利用するこの道を、昼飯もカミカミで、休憩もろくに取らなかったのが原因なのか、異常な眠気に襲われてた15時頃、ウトウトしながら車を走らせていると、太いロープが道路の半分を塞いで落ちている。

ロープなので避ける事もなく、そのまま踏み潰して行こうと、近づいてくるそのロープをよく見ると!なんと!2mはありそうなデッカい蛇、青大将! 急ハンドルで避けて踏まずに済んだが、驚きもせず静止したままの青大将!。「もしかして既に踏まれて死んでたのか?」とも思ったが、踏まれて道路が汚れた様子も無く、潰れた感じも、一瞬だが、見て取れなかったのが気に掛かり、車をUターンさせて戻って見る事に。

やっぱり動かない…でも踏まれた様子もない…。 そっと靴の先で突ついて見ると、ノソノソ動き出したが、逃げる気配も無い…。

このままでは後続車に踏まれてしまうと思い、草むらに運んでやろうと胴のあたりをむんずと掴むと、ようやく身の危機を感じたのか口を大きく開けてこちらに振り向き、攻撃態勢に…。 毒が無いのは分かっているが、蛇に噛まれるというのは、気持ちの良い事ではない…。 素早く草むらに投げてやると、スルスルスル…と草の中に姿を消した。

踏まれないで良かったな、青大将君…。

そんな昨日の出来事。

一昨日、異常に暖かかったから、春だと思って出て来ちゃったら、昨日は意外と寒くて動けず、太陽で温められた道路で暖をとってた所だったのか…。

おいらが地獄に堕ちた時、きっとあの青大将の尻尾が、天から降りて来るのを期待して、昨夜も美味い酒が飲めた。

しかし、草むらに投げ込む前のあの攻撃態勢…。 あいつ、助けられたなんて思ってないな…。 でも美味い酒だったな。(^^)
スポンサーサイト

死神の精度

伊集院静氏の隣にいつも並んでいる伊坂幸太郎氏の本。よく見れば、並んでいる作品の多さに驚く。 どんな作家なのか著者紹介を見ると、千葉県生まれで年齢は自分より1つ年上の同年代。 そんな理由から親近感を抱き、読み始めたのが最初のキッカケで、今回の「死神の精度」は4番目に読んだ作品。
病死、自殺、意外の不慮の死を迎える人間の身辺を調査し、「可」「不可」の判定を仕事とする死神のお話。 設定が斬新で、とても面白かったです。 興味のある方はオススメの作品です。(^^)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。