(有)サヨサヨ水産、革工房部

釣りとレザークラフト・・・ 全く脈絡の無い趣味を複合した、変なブログです・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さようなら・・・

どうもどうも! 皆さんお久しぶりでございます! サ・ヨリストでございます!

私が釣りを本格的に始めたのは1999年(26歳)の秋でした。 特に趣味も無く、仕事から帰っても何もする事も無く(当時は、仕事終わって17時半には家に居るという、今では信じられない生活してました・・・笑)毎日、テレビ見てビール飲んで寝る・・・と言う生活をしていました。 そんなある日、たまたま立ち寄った木更津の港で、スーパーで見かける魚、“アジ”が釣れているのを見てビックリ! しかもジャンジャンバリバリ! 入れ食い状態の所を見てしまったからもう大変! コレだ! と言う訳で、次の日にはアジ釣り道具一式を購入してました。(笑)

それからと言うもの時間さえあれば、毎日の様に釣り場へ通い、アジのサビキ釣りをマスターしました。
アジのサビキ釣りをマスターした私は、次のターゲットを探し、本屋で釣本を物色しました。 そこで見つけた次なるターゲットがサヨリで、その記事を書いていたのが、工房浦安創立者、長谷川和明氏でした。
「磯投げ情報」と言う、海釣師なら知らない人は居ないという、超~有名雑誌に、ライターとしても活躍されていました。

私は、サヨリ釣りの全てを、長谷川さんの記事で学び、実践し、その面白さを実感し、サヨリ釣りにどっぷりハメられ、自らサヨリストと名乗るまでになりました。 今でも、一番面白い釣りは、長谷川さんが生み出した“浦安釣法”によるサヨリ釣りだと私は思っています。

何度もその記事を読み返し、実践するのですが、なかなかアジ釣りの時の様に、簡単に釣る事は出来ませんでした。 丁度インターネットが流行り出した頃で、釣りサイトにサヨリ釣りの事で書き込みなどしていた頃、長谷川さんも、自らの掲示板を立ち上げている事を知り、サヨリを沢山釣りたい一身で、教えを乞う為、掲示板へ書き込みしました。 そして富津新港で、憧れの長谷川和明氏に、始めてサヨリ釣りのレクチャーを受けて、私は弟子となったのです。

その長谷川さんが、2011年、6月4日、肺癌により亡くなったと、2ヶ月近く経った本日(7月29日)連絡を受け、愕然としました。 最後に会ったのは去年の6月でした。 

“便りの無いのが元気な知らせ”と、また来年あたり、「車検でさ、帰って来たよ。メバルとメジナあるから、持ってってくれる?(笑)」なんて、突然夜に電話来ると思ってました・・・。

自分も最近、仕事とワタクシ事で忙しくて、全然釣りに行けて無いんですが、また少しづつ、長谷川さんを思い出しながら釣りしようと思います。

そちらには、なんてったってオスマン大先生が先に行ってるから、「待ってました!鉄兄! でもちょっと来るの早いんじゃないの?」な~んて言われてる光景が目に浮かびます。(笑)

自分ははまだまだ行かない予定なので(7年前に危うく行きかけましたが・・・笑)
暫くはオスマンさん達と楽しくやってて下さいね!(笑)

我が師匠、間借人氏のご冥福をお祈りし、献杯!

スポンサーサイト

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。