(有)サヨサヨ水産、革工房部

釣りとレザークラフト・・・ 全く脈絡の無い趣味を複合した、変なブログです・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダラブッカ

今日は、サヨリ釣りに行こうかと思ったのですが、最近カミさんが「ベリーダンス」と言う、“アラビアンダンス”に填ってまして、私はダンスには興味はないのですが、ダンスやアラビア音楽の話を聞いたり、DVD等を見せられている内に、ある楽器が目に止まりました。 調べて見ると。“ダラブッカ”と言う打楽器で、非常に良い音で、楽しそうに演奏する奏者が気にってしまい、最近仕事で忙しく、カミさんともあまり出かける事も少なかったので、打楽器店にそのダラブッカを見に行きました。

ネットで調べたのですが、マニアックな楽器なので、近所に置いてある店は無く、色々探した結果、東京渋谷の楽器店まで行って来ました!

で、迷った挙句購入してしまいました!(笑)

ダラブッカとシラさん

このまま置いてとくと、シラさんの昼寝台になってしまいます・・・既に狙ってる感じです。

ちなみに叩くとこんな感じです。 超~気持ち良さそう!(笑)



スポンサーサイト

浦安釣方Ⅳ

<<タックル&仕掛け>>
スーパーサ○リンの第二の特徴は、仕掛け自体軽いのに遠投が可能な点です。
サビキながらアタリを取る浦安釣法では、細く軽めの竿でないと長時間投げ続けるのが大変で、又仕掛けの操作性も悪く為ります。 しかし細めの竿だと重い仕掛けは投げられません。 其のため飛行性能を出来るだけ高める事により、軽くしかも遠投の出来るカゴウキが出来上がった訳です。

使用する竿は、竿の操作性の良い先調子の磯竿2号 5.3mを標準としますが、当然竿先が軟らかい程魚のくいは良くなります。 私は食い渋り対策に、0.6 号のチヌ竿を使う時もありますが普通は2号竿で十分です。 又、磯竿の遠投に慣れていない人は、胴調子の方が投げやすくなります。 しかし2号竿は遠投を目的に設計されて居ないので、投げる時は十分注意してください。

リールは出来るだけ軽い方が疲れないが、竿とのバランスが悪いと「持ち重り」(磯5.3mと長い為)がおきるので注意が必要です。 実際にはナイロン3号が150m巻けるスプールの大きさで、○マノ社製リールで表わすと2500番前後です。

ミチ糸にはPE1.2号の通しがアタリも取り易く、リールも軽い物が使えて便利だ が慣れないと扱い辛いので、ナイロン3号の通し又は、チカラ糸4号10m+ナイロン1.2号(遠投用)の組み合わせを使用します。

今まで、サヨリ釣と言うと、ハリスは1号以下が相場でしたが浦安釣方では1.2〜2.0号と太いハリスでも釣れるのが、特徴の一つです。 と言っても、食い渋り対策として、「エサの動きを良くする為」0.8号を例外的に使う時も有ります。

しかし、釣果はハリスの太さよりサビキ方(誘い方)やポイントの掴み方に左右され る事が多いので、細ハリスより「パーマや捩れ」の無い太ハリスの方がトラブルも無く釣りやすくなります。

次にハリスの長さは最低でも1ヒロ以上取る様にし、特に警戒心の強い大型には長めにしてください。 又、同じハリスで何匹も釣り続けると、ハリ上のハリスがサヨリの歯形で白くなり食いが落ちて来るので注意してください。

ハリはエサのジャリメを真っ直ぐ付ける為、スーパーキスや秋田キツネが使い易くなります。 そして特に大型狙いの時は、ハリのサイズに対し軸の太いカワハギバリ(がまかつ)が最も有効です、又急に食い渋りバラシが目立つ様に為った時はハリ先の点検又は交換が必要です。


<<エサの種類と付け方>>
一般的にサヨリ釣のエサと言われる物には、大粒赤アミや沖アミが有り、変わったところでは「流し釣の特エサ」でも有るハンペン(紀文が最適)等が有ります。 其のため浦安釣法では「ジャリメ(イシゴカイ)を使いますよ!」と言っても最初は理解出来ない人がほとんどでした。今迄のサヨリ釣に無い、虫餌に因るサヨリのサビキ釣が浦安釣法(スーパー○ヨリン)の第三の特徴になります。

私自信、この虫餌を使う事により多くの事を知る事が出来ました、そしてそのエサの付け方が、サビキ釣での「釣果を左右する重要なポイント」にもなります。即ちジャリメ(虫餌)は通し刺しにしたら、ハリのチモトが隠れる迄コキ上げ「ハリに対し真っ直ぐ」になるように付け、そしてこの時ハリ先が出ていても構わないと言う事です。

この虫餌の利点は、前アタリが有ったエサを回収した時、ハリからジャリメがズリ下がっていたらそれはサヨリが当たったと考えて良く(外道が当たった時は垂らしの部分が食い千切られ、ハンペンや赤アミは一回で取られてしまう)、直ちにエサを整え直し続けて同じ場所を狙え ムダが省ける事と、サビく途中でバレてもエサさえ真っ直ぐ付いて居れば何度でもサヨリが当たって来る事です。その事は、針に対し虫餌が正しい状態(チモトが隠れる様に真っ直ぐ)にセット出来れば「同じエサで何匹も釣れ」手返しを速くする事が出来る事を表わして居ます。 良く、同じ仕掛けで同じポイントを釣って居るのに釣果に差がつく事があるが、この場合釣れないのは、このエサの付け方が悪い事がほとんどです。

<<その他の餌>>
浦安釣法の場合、好奇心の強い新子の活性が高い時に特に有効なのが、「シラスバケとカラースキン(両者共ヤマ○タ製)」を用いた擬餌針です。日本海側の敦賀方面ではジンタ釣(子アジ)のサビキバリに新子サヨリが掛かって来る事が良く有ります、その事からも解る様に新子は誘い方次第で、擬餌針にも食って来ると言う事です。又、エサ付けに関する理由がハッキリして居ないので経験的な事しか解らないが、どんな「虫エサ」でもハリのチモトが見えると極端にサヨリのアタリが遠のく事です。 其のため、カラースキン(赤)を針のチモトが隠れる様に巻いた擬似針はエサ付けの手間も省け、新子の数釣には威力を発揮します。それと、このスキン針は食いが悪くなって来た時、虫餌を1cm位チョン掛けになる様追加してサビくと、又食いが良くなると言う利点が有ります。 慣れないと付け辛い虫餌に代わり、特に視力の衰えを隠せない先輩諸氏にはエサ付けが楽だと喜ばれています。

その他シラスバケと同じ様な使い方をしていた人に、数年前浜名湖での市場開拓デモスト時、地元の人がイカのエンペラ(通称耳と呼ばれる部分)を細切りにした物でサビキ釣をしていた事が有ります。 この時の話では、普段新子釣のエサとして溶けたコマセ(アミエビ)の形の良い物を 使うので、エサ取りに強くそれに良く似た「イカの耳をエサにしてみたんだ」と答えてくれました。

関東だけではないと思いますが、冬に向かってサイズも良くなり警戒心が出てきたサヨリは、水温18度を境にして魚の活性が変化しそれまでの虫餌では食い渋る様になってきます。 そんな状態の時の特エサが前章にも書いた、ストローで抜いた「紀文のハンペン」です、これはそのままだと柔らか過ぎるので陰干して表面を少し乾燥させて使います。 又急場の時には、カタクリ粉で締めて使います。そして遠投用に使う時はストローで抜いた後、一度冷蔵庫で凍らしたものを自然解凍し、スポンジ状にしてから使うとハリ持ちが良くなります。

又、冬場や食い渋り対策には「オキアミや大粒赤アミ」を使いますが、大粒赤アミは使う分だけ小出しにし、鮮度を保つ様注意してください。尚遠投用にはハチミツ漬けやグラニュウ糖で固めた物も使います。

以上某釣り誌に書いた原稿に加筆訂正し簡単に書いて見ましたが、その他、<<仕掛けカラミの対処法>>や<<その他注意事項>>等、おりを見て書き足して行きます。

尚、技術的な問題や質問は「間借人釣速報」で受け付けます。 皆さんのより一層の好釣果を願うと共に、この浦安釣法が皆様のお役に立てば幸いです。

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。