(有)サヨサヨ水産、革工房部

釣りとレザークラフト・・・ 全く脈絡の無い趣味を複合した、変なブログです・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浦安釣方(続き)

<<ポイントのつかみ方>>
以前にも釣り方のイメージとして、海底付近を釣る「キスの投げ釣り」を例えにしましたが、まさにその海上版なのです。 海底と海面を対比させて説明すると、大型キスが釣れる確立の高い根周りが沖に出来た(磯から離れた)サラシ場で、砂浜に出来るヨブ(波の打ち返しで出来る海底の凹凸)が、沖から来る波と引き波がぶつかった時や風向きによって出来る潮目(エサが溜り易い)にあたります。

目で見ただけでは解り辛いこの潮目(遠投サヨリ釣りのベストポイント)も、沖めに投げたサ○リンを手前にサビいて来ると「急に重くなる」ので簡単にサグリ当てる事が出来ます。その他釣り場の角地に、左右から来た潮がぶつっかって出来る、「目に見える潮目」も有ります。そして「流し釣り」では捉える事のできないこの「潮目を釣る事」も浦安釣法の大きな特徴です。

<<コマセの打ち方>>
ウキフカセ釣りのコマセ効果に比べ遠投サヨリ釣りにおけるコマセの威力(効果)には格段の差が有り、其の使い方を間違えると魚を手前に集める(食い気を出させる事も)役目のコマセが逆に魚を沖に追いやる(手返しが悪くなる)結果と為ってしまうので、ただ「遠投すれば良い」訳では有りません。 最悪なのは送り風の時(サヨリ釣りは背中に風を受ける釣り場探しが基本)「流し釣り」や「置き竿」でコマセにイワシやニシン油を使った時で、遠投したコマセから出た油の輪が風に流され沖に払い出し、それにつられ手前のサヨリ迄も沖に出て行ってしまうのです。

「サヨリの流し釣りに油を使うな」と誤解されると困りますが、サヨリを寄せる為にイワシミンチ等の油の出るコマセを使う時は、足元からも海水で溶いたイワシミンチを同時に撒き、「サビキ釣りの基本」に為る様なコマセの道を作る様にすればポイントが近くなり手返しが早く為ると言う事です。


<<ポイントとコマセについての続編>>
釣り場に先行者が居る場合はその釣れて居るポイント(距離)に合わせマイポイントを作れば良いが、初めての釣り場や自分達だけで先行者の居ない釣り座ではサヨリの居る場所の確認から始めます。 まず最初にサヨリンにコマセを隙間なく詰めカゴの口を完全に閉めた状態にします。 次にエサのジャリメ(石ゴカイ)をハリに付け遠投し(ノベ竿で釣れない釣り場において)潮目の位置確認や、コツコツと竿先に感じるサヨリの「前アタリ」が現れる位置を見つけます(魚が居れば針掛かりしなくてもアタリは出る)。 何度繰り返してもアタリが出ない時や、潮目が無い時は自分の釣やすいところをポイントと決めそこにコマセを打ち込み「前アタリ」が出る状態にします。 それでもアタリが出ない時は、早めの場所変えや地合いを待つしか有りません。

話を前に戻し「前アタリ」の出る距離が把握出来たら今度はカゴの口を全開にしそこより「先へ投げない」様に注意しながら釣れる迄コマセの投入とサビキを繰り返します。 一匹・二匹と釣れる様になったら一回に出るコマセの量が全体の1/3程度(三回投げるとコマセが無くなる)になるようカゴの口をしめ今度は釣れたポイントの「20mぐらい先」からサビくようにし、ポイントが手前にくるよう努めます。

運良く入れ食い状態になった時はカゴの口を完全に閉めるか、カ○ティ○ュ釣法(カラカゴでは飛びが悪い)
でコマセ詰めの手間を省き、手返しを良くすれば釣果も伸びます。 そしてしばらくしアタリが遠のいたら再びコマセの口を開き前の状態に戻します。

コマセの扱いについて色々書きましたが、ポイントを見極め魚が釣れ始めたら「アジ釣等とは逆に」必要以上コマセを撒くな!と言う事なのです・・・「何故ですか?」と言う声が聞こえて来そうですがその答えは、サヨリに食わせるのはハリに付けた「エサのジャリメ」の方であり、コマセは魚を寄せ食い気を出させる役目だからです。 詳しくは注意事項のところで書きます

スポンサーサイト

浦安釣方

サヨリ釣りと言えば、今では浦安釣方を外して語る事は出来ないと言う程、
ポピュラ-な釣方になりました。

これは浦安釣方の開発者であり、私の釣りの原点とも言うべき人、間借人氏が残してくれた、浦安釣方の全てです。 ホームページ消失に伴い、消えてしまったかと思われた「浦安釣方の全て!」でしたが、大先輩桜の園氏が保管してくれてました。
ありがとうございます! それでは「浦安釣方の全て!」どうぞお楽しみに下さい!



浦安釣方の全て!

このコーナーは、ネット釣りインストラクターで、
某雑誌ライターの間借人氏が、最近ちまたで流行?(笑)の、
サヨリの数釣り釣方『浦安釣方』について詳しく書いてくれたものです。

これを読めば、あなたもサヨリ爆釣間違い無しです!(笑)



-------------------------------------------------------------

注意
これより下の文章に付いては私(間借人)の個人的な考えに基ずく内容の為、他の釣り人及び釣り方、又は各釣り具メーカーを誹謗中傷するものでは有りません。
其のため内容に関して生じた全ての損害や不利益については、その責任を負いません。以上の事柄を理解出来る方のみお読みください、尚文章の無断転載は御容赦ください。



浦安釣法(サヨリ遠投サビキ釣り)

始めに遠投サビキ釣りの概要から説明する事にしましょう。
まず「サビキ釣り」と言われた時、岸壁等からアジやイワシ等を釣る時に用いる枝バリの沢山付いた「擬似バリ仕掛け」で釣る釣り方を連想しますが、浦安釣法で言う「サビキ釣り」は投げた仕掛けを「巻き取る」事の意味で使わさせてもらいます。

カゴウキ(スーパーサ○リン)を遠投する事により「広い範囲を探ったり」魚の「食い気」を出させる「誘い」が出来、尚且つ目では取りきれない遠方の「前アタリ」をも磯竿の竿先で摂ることが出来ると言うものです。

文章にすると理解しずらいが、キスの投げ釣りをされる方の中にはピーンと来る人も居るはずです。

本来ノベ竿でも十分釣れるサヨリを、飛ばしウキを使って投げて釣る様になったのにはそれなりの理由がある訳です。 東京湾奥浦安の護岸は7メートル幅でテトラが積まれ、尚且つその先に石畳が入って居る所がほとんどで、ノベ竿で楽しめるポイントが限られてしまいます。 そんな釣り条件から、仕掛けを沖目に飛ばして釣る、現在のサヨリ釣りのスタイルが出来たんだと思います。 私が浦安でサヨリ釣りを始めた頃は木製玉ウキ2コを繋ぎあいだにロケットカゴを付けた「ブリッジ仕掛け」が全盛でした。しかしビギナーの私には到底扱いきれる仕掛けでは無かったが、練習を重ねるうち投入は出来る様になった、だが今度はハリスガラミの連続で思う様に行かずその後暫くサヨリ釣りから遠のいて居ました。

再びサヨリ釣りを再開したのは82年で、この年のサヨリシーズン中頃に釣友が「良く飛ぶサヨリウキ」と言う、今のスーパーサ○リンの基本に為る「カゴウキ」を持って来たのが私の本格的なサヨリ釣りの始まりです。

この頃「カゴと飛ばしウキ」が一体に為ると、飛行性能が格段に良く為る事を教えられた私の釣友達は、次なる目標の「飛行中の仕掛けカラミ対策」に向かって様々な工夫をこらし、三日経つと新し仕掛けに変わってしまって居ると言う、笑い話見たいな状況でした。 そしてスーパーサ○リンの第一の特徴である仕掛けカラミ防止対策として、最終的には「カラミの原因に為るアタリウキ」を無くす事に落ち着いてから一つの方向付けが出来、結果的には飛行中の「ハリスカラミ防止」にLテンビンを取り付ける事に落ち着いた訳です。

従来から有ったブリッジ仕掛け等の、アタリウキでアタリを取る「流し釣り」と違い「カラミの原因になるアタリウキ」を無くしてしまった「スーパーサ○リンのサビキ釣り」で、いかにして80m以上先のアタリを取るのかと不思議に思われますが、キス釣り同様ミチ糸を通して伝わるアタリを竿先で取るわけです。 此処まで書くと、沖目で食ったサヨリのアタリをどれだけキャッチ出来るのかと思う人も居るだろうが、スーパーサ○リンはテンビンが誘動式なのでミチ糸を張っていれば何らかのアタリは竿先迄届くのです。

ちなみに私は、ミチ糸にPE1.2号を使いサヨリのアタリを三種類聞き分けて居ます、このアタリの「聞き分け」は浦安釣法に於いて重要な役割を果たして居るので、釣り方(パート3)のところ」で詳しく説明します。

2009、納竿会のお知らせ

皆さんこんばんは! 覚えていらっしゃいますでしょうか?
サヨリストこと、本名、サ・ヨリストでございます!
お久しぶりでございます! この度、私の管理不行届きが原因で、
SAYORI風が閉鎖になってしまいました。大変に申し訳ないです。
(ずっと更新しないでいたら、方付けられてしまいました・・・謝)

と言う訳で、
「さようなら、SAYORI風・・・でもSAYORI風は永遠に不滅です!by2009!納竿会」
を、12月27日、10時頃から「木更津中ノ島大橋下、鳥居崎海浜公園」で開催致します! 初めての方も大歓迎! 合言葉は「SAYORI風は永遠に不滅です!」と、大声で叫んで下さい。 遠くから黙って見つめている集団がいたら、それがサヨサヨ水産メンバーです。(笑) 察知して加わって下さい。(笑)

<ごあんない>
会費:当日の食材分を割り勘、500円くらい?(小学生以下無料)
前日までに釣ってきた獲物を捌いて食べるのも良し!
ご相伴にあずかるのも良し! はたまた冷凍庫に眠っているお魚をお持ちのアナタ!
遠慮は要りません! 皆で美味しく頂きましょう!(笑)
今年の釣行を振り返って、自慢話&ボウズの言い訳で、盛り上がりましょう!

参加表明は、このブログ、または竿話釣題Ⅴまたは続・続・今週のサヨリに書き込み頂くかメール下さい。

会場までは車が便利ですが、電車利用の方は木更津駅まで迎えに行きますので、
メール下さい。携帯電話の番号をお伝えします。
午前10時頃からダラダラと始まっています。
食材はテキトーに用意しますが、飲み物は持参できてください。
差し入れは大歓迎です!

<お願い>
18歳未満の方は、保護者の同伴が必要です。
本会は、参加される皆さんの一人一人が主催者ですので、
万一の場合は、ご自身の責任において対処されることをご了承下さい。

荒天時は中止となります。その決定は、前記のBBSに書き込みますので、
当日は携帯から見られるように設定をお願いします。

090429asita.gif

>umiさん
書き込みありがとうございます! 良かったら参加してみてください!

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。